赤帽を利用して引越しを完了させよう!得々転居ガイドライン

ワーカー

新転地での準備

ダンボール

辞令が下ったらまずは、マンションの確保です。但し、会社から引っ越しを伴う転勤を命じられた場合は、転勤先の住居を用意してくれている場合があります。転居先が決まっている場合は、まずはその転居先の寸法などを測りに行きましょう。自分の今の家財道具が入るかどうかを確認しておきましょう。また、カーテンや、じゅうたんなど転居先で使えない可能性がある場合は、それらの購入費用も引越し費用としてカウントしておきましょう。そういう計算しておけば、全体の予算感が分かってきます。また、このことは、不要品とそうでないものの振り分けにも有効な情報になります。また、寸法を測りに行った時にしておきたいのが、転居先でのレイアウトです。このレイアウトが大雑把でも決まっていれば、引越し当日にバタバタしなくても大丈夫です。レイアウトさえ決まっていば、その転居先での荷物の配置も大雑把ながらに分かります。従って荷造りも方向性のある荷造りができるということです。方向性のある荷造りは、そのままその位置に荷物を配置できるように、細分化して荷造りすることです。結果として、転居先での荷解きも少ない時間で完了させることができます。

転居には引越し費用が必要となります。会社が負担してくれるのであれば、コスト負担はなくて済みますが、引越し費用が実費の場合は極力費用を抑えたいものです。引越し業者も数多くありますが、その中でも低コストの引越しを実現できるのが赤帽です。赤帽は無駄な人件費やコストを抑えている為、引越し費用も安く済ませることができるのです。単身引越しにも対応してれます。

見積りをとる

作業員

引越しをする時には、ゴミとして出た不用品を不用品回収業者に収集してもらうことがあります。できるだけ回収費用を抑える為にもしっかりとした見積りを出してもらってから業者を選ぶのが良いでしょう。

View Detail

不用品回収も利用する

ダンボール

引越しをする時には不用なものが出てきます。こうした不用品は不用品回収業者に依頼して処分するのが賢い方法と言えます。自宅まで回収しに来ているので、忙しい引越し時でも処分に時間を割く必要もありません。

View Detail

新居の家具配置

作業員

新居の家具配置や部屋のデザインはやはりこだわりたいものです。家具1つ1つのバランスを考えて配置することによって、広くみえる部屋をつくることができます。事前になりたい部屋をイメージしておくとレイアウトも考えやすいです。

View Detail